catch-img

TO、CC、BCCの使い分け方-メールを送る前に押さえる基本-

電子メールを送信する際、アドレスをどこの欄に入力すればいいのか迷ったことはありませんか。

最も利用する欄といえば「To」ですが、他に「Cc」「Bcc」があります。

本記事では、ビジネスでメールを利用する際におさえておきたい、「To」「Cc」「Bcc」の違いについて説明します。


目次[非表示]

  1. 1.「To」(宛先)とは
  2. 2.「Cc」とは
  3. 3.「Bcc」とは
  4. 4.「Bcc」利用の限界。一斉にメールを配信したい時は


「To」(宛先)とは

「To」の欄には、メインでメールを送る相手のアドレスを入力します。
複数人へ送りたい場合も「To」を利用することが可能です。

例えば、何かの商談でアポイントの連絡をする際に、担当者が2名おり、どちらがメイン担当か分からない場合は、2名をToに入れて送ります。

なお、「To」に記載したメールアドレスについては、メールを受信した全ての人が確認できます。


「Cc」とは

「Cc」は、Carbon Copy(カーボンコピー)の略称です。
「To」に送ったメールと同様のものを送ることができるので、内容を共有しておきたい人物のメールアドレスを「Cc」に加えるとよいでしょう。

なお、「Cc」に記載したメールアドレスについては、メールを受信した全ての人が確認できます。




「Bcc」とは

「Bcc」は、Blind Carbon Copy(ブラインドカーボンコピー)の略称です。ブラインドというワードが示す通り、「Bcc」に含まれたアドレスはメール受信時に確認することができません。

これは、メールアドレスも一つの個人情報であることから、不特定多数に公開されないよう考慮された機能です。

先程説明した「To」と「Cc」については、メールを受信した全ての人がメールアドレスを確認できました。これに対し、「Bcc」に記載したメールアドレスについては、一切表にでないのです。


「Bcc」利用の限界。一斉にメールを配信したい時は

「Bcc」のメリットは、コストをかけずにメールを送信できる点です。

しかし、メルマガなど、それぞれが知り合いではない人々へメールを送る際、「Bcc」を使って配信するのは危険です。

なぜなら、誤ってメールアドレスを「Cc」に登録してしまうなどのリスクがあるからです。

また、「Bcc」を利用する場合、手入力になるため、メールアドレスが増えれば増えるほど工数がかかってしまいます。

多くのアドレスにメールを送信したい場合は、セキュリティや運用面からも「メール配信システム」の利用をおすすめします。




著者

アララ メッセージ マーケティングチーム

メール配信運用、メールマーケティングに関する情報をお届けするコラムです。“知ってるとちょっとイイコトがある”情報を発信します。




関連コラム

  メルマガスタンドとは? 「メルマガスタンド」には、メルマガ配信の効率と効果をアップさせる様々な機能なメリットが備わっています。 しかし、たくさんある「メルマガスタンド」の中から何を選べばいいか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はこれからメルマガ配信を始める方に向けて、「メルマガスタンド」についてや「メルマガスタンド」の選定方法をご紹介します。 アララ メッセージ
  ヘッダーとエンベロープの違いとは?メール配信の仕組みを解説 メールを受信した際に目にする「宛先」「差出人」を表す「ヘッダーTo」「ヘッダーFrom」、そして、その情報とは別に書かれている送信先アドレス「エンベロープTo」と送信元アドレス「エンベロープFrom」についてお届けします。 アララ メッセージ


  メールを大量に送信したい!簡単に情報漏洩も対策できるシステムをご紹介 マーケティングを行う場合、メール配信は有効的な手段のひとつです。しかし、大量のメール配信はやり方を間違えると、手間がかかりすぎることもあります。手作業でのメール配信を行っている方は、便利なメール配信システムを導入すると良いでしょう。それでは早速、メール配信システムのメリットを徹底解説していきます。 アララ メッセージ


  メール配信に必要なものとは? メール配信をする上で必要な配信設定や用語について紹介します。メール配信に欠かせない3つの要素について説明します。 アララ メッセージ


メール配信サービスのお役立ち資料一覧

アララ メッセージ製品情報

アララ メッセージ導入事例集

メール配信の効果を最大化する3つのポイント

メールマーケティングの目標を達成する3つのポイント

CONTACT
お電話でのお問い合わせはこちら
平日10:00~19:00
メール配信システムを
まずは気軽に試してみる
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
メール配信システムの
お役立ち資料はこちら

気記事ランキング


関連記事


サービス詳細